新着情報

医療連携室のご紹介

患者様に関する紹介元からの連携業務や「かかりつけ医」の提案、外来や入院中に於ける各種相談や社会資源の活用提案等、更に退院や転院がスムーズに行われる様に積極的に介入を行っている部門が医療連携室です。また、患者様を受入れた後、専門的な診察や処置、治療を施し急性期を脱して容態が安定した患者様を、その後の目的に応じて病院やクリニック、施設等へ転院や退院も積極的に行っています。更に紹介状のない患者様に関しては積極的に「かかりつけ医」の紹介や提案も実施しています。
全ての患者様にとってクリニックや病院から当院へ、そして次の病院やクリニック、施設へ高い質の医療が継続して行われ、各種の検査や処置、治療が重複せず且つ切れ目なく行われる為に、私たちは細部に渡り常に細心の注意を払って日々の業務を実践しています。
医療連携室の業務は、外来受診や専門的な検査を目的として患者様を受け入れる前方業務と、入院患者様へ社会資源の活用提案や各種相談、退院や転院先の検索や選定を行い受け入れ先との連携業務を行う後方業務に大別されます。これらの業務に加え当院では心不全患者の再入院低減やフットケア管理、心臓リハビリテーションの積極活用やTAVIの施設認定等で全ての職種スタッフによるチーム医療が果たす役割が重要と考えています。医療連携室もこの一旦を担いチーム医療に参画しています。

医療連携室からのご案内

患者様
医療関係者
連携医療機関一覧
採用応募ページ