当院は、厚生労働大臣の定める基準に基づいて診療を行っている保険医療機関です。

1.入院基本料について

当院は、急性期一般入院料を算定しています。入院患者7人に対し1人以上の看護職員を配置しています。なお、病棟、時間帯、休日などで看護職員の配置が異なります。各病棟の看護職員配置については、別添の「看護職員配置数」をご参照ください。また、入院患者25人に対して1人以上の看護補助者を配置しています。

看護職員配置数(2F病棟)

看護職員配置数(3F病棟)

看護職員配置数(4F病棟)

<クリックすると拡大表示します>

2.明細書発行体制について

医療の透明化や患者さんへの情報提供を推進していく観点から、領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しています。また、公費負担医療の受給者で医療費の自己負担のない方についても、明細書を無料で発行しています。明細書には、使用した医薬品の名称や行われた検査の名称が記載されています。なお、明細書の発行を希望されない方は、会計窓口にてその旨をお申し出ください。

3.入院時食事療養費(Ⅰ)について

当院は、入院時食事療養費(Ⅰ)の基準に係る届出を行っています。入院時食事療養に関する特別な管理による食事の提供を行っています。療養のための食事は、管理栄養士の管理の下に適時(朝食 8時、昼食 12時、夕食 18時)適温で提供しています。

4.施設基準等について

詳細は、病院概要の施設基準届出症例数をご参照ください。

5.施設基準に係る手術の実績について

詳細は、病院概要の施設基準届出症例数をご参照ください。

  1. 医師事務作業補助体制加算について

当院は、外来及び病棟に医師事務作業補助者を配置し、病院勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に取り組んでいます。

  1. 医療従事者の負担の軽減及び処遇の改善について

当院は、医療従事者の負担の軽減及び処遇の改善に取り組んでいます。詳細は、別添の処遇改善取り組み事項をご参照ください。

<クリックすると拡大表示します>

8.病棟薬剤業務実施加算について

当院では、専任の薬剤師が病棟薬剤業務を行っています。専任の薬剤師については、各病棟の掲示をご参照ください。

9.医療DX推進体制の整備について

医療DX推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するため、オンライン資格確認や電子処方箋のデータ等から取得する情報を活用して診療を行っています。 医療DX推進体制整備について以下の通り対応しています。

  • オンライン請求
  • オンライン資格確認を行う体制
  • オンライン資格確認を利用して取得した診療情報等を診察室で閲覧又は活用できる体制
  • マイナ保険証の利用促進

<クリックすると拡大表示します>

10.一般名処方について

特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした一般名処方(有効成分の名称で記載して処方する事)を行っています。医薬品の供給が不安定な状況を踏まえ、適切な提供に資する取組みです。「一般名処方」で記載された処方箋では、有効成分が同一である医薬品が複数あれば、先発医薬品でも後発医薬品でも薬剤師と相談して選ぶ事ができます。

11.禁煙外来(ニコチン依存症管理料)について

当院はニコチン依存症管理料の届出を行っており、禁煙のための治療的サポートをする禁煙外来を行っています。

12.生活習慣病管理料(Ⅱ)について

令和6年6月1日から高血圧、脂質異常症、糖尿病のいずれかを主病名とする患者さんで、「特定疾患治療管理料」を算定されていた方は生活習慣病管理料へと移行します。
患者さんには個々に応じた目標設定、血圧や体重、食事、運動に関する具体的な指導内容、検査結果を記載した療養計画書に署名をいただく必要がありますのでご協力をお願いします。
当院では患者さんの状態に応じ、28日以上の長期の処方、リフィル処方箋の発行のいずれの対応も可能です。

<クリックすると拡大表示します>

13.保険外負担に関する事項について

個室使用料、証明書・診断書料などにつきまして、実費のご負担をお願いしています。詳細については、別添の「保険外負担一覧表」をご参照ください。

<クリックすると拡大表示します>

14.その他

当院は、個人の権利・利益を保護するために、個人情報を適切に管理することを社会的責任と考えます。個人情報保護に関する方針を定め、職員及び関係者に周知徹底を図り、これまで以上に個人情報保護に努めます。
当院では、屋内外を問わず、「病院敷地内全面禁煙」となっています。ご理解とご協力をお願いします。