看護師特定行為研修

当院は令和元年8月22日付で厚生労働大臣より特定行為研修指定研修機関の指定を受け
令和元年10月より第1期研修を開始しました。

1.特定行為とは

診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な能力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為のこと。(21区分38行為)(厚生労働省ホームページより)

2.特定行為研修とは

看護師が手順書により特定行為を行う場合は特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度化かつ専門的な知識及び技能の向上を図るための研修であって、特定行為区分ごとに特定行為研修の基準に適合するもの。(厚生労働省ホームページより)

3.岐阜ハートセンター特定行為研修の特徴

岐阜ハートセンターの理念は4つの「S」です。4つの「S」とは「Safty安全」 医療安全が文化として根づくよう努めること。「Spirit こころ」こころ温まる医療をめざし接遇
に努めること。「Specialty&Science専門技術」心臓疾患専門病院として確かな技術の提供に努め、日進月歩の医学の発展に貢献できるように努めること。「System体制」24時間365日、絶対にお断りしない体制の整備に努めることです。
私たちは、この理念のもと、「目の前の患者様を大切に」そして「常に考える」の二つのkeywordを合言葉に医療を提供しています。高い専門性を意識するなかで、患者・ご家族様の気持ちに寄り添い、医療を受ける側の立場に立って、常に考えることを重要視しています。特定行為研修においても単に区分別行為を実施する者としてではなく、医師の視点で『診る』、看護師の視点で『看る』ことができ、患者様の立場で常に考える事のできる、研修生を育成していくことを目指しています。

4.特定行為研修の紹介

当院では、2019年8月22日に特定行為研修指定研修機関の指定を受け、10月より研修を開始することとなりました。
当院で行う研修は、3区分7行為となっています。

区分名特定行為名診療科
呼吸器(気道確保に係るもの)関連経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整
呼吸器(人工呼吸療法にかかるもの)関連侵襲的陽圧換気の設定の変更
非侵襲的陽圧換気の設定の変更
人工呼吸器管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整
人工呼吸器からの離脱
動脈血液ガス分析関連直接動脈穿刺法による採血
橈骨動脈ラインの確保

2020年10月開始の第2期の募集についは2020年春より詳細を掲載予定です。

問い合わせ先:看護部長 五十嵐 TEL:058-277-2277