新着情報

薬剤科のご紹介

高血圧や心臓病など循環器疾患の場合、お薬の服用が毎日、しかも長期にわたることが多くなりがちです。そのため当院の薬局では、患者様のお薬に関して調剤だけでなく、薬物療法に関して医師と綿密なディスカッションを行うなど、薬物の投与設計について深く関わり、患者様に適切な薬物療法を提供し、安心してお薬をお使いいただけるよう取り組んでおります。

薬剤科の業務

①調剤業務

医師の処方したお薬の飲み合わせや副作用、お薬の投与量、飲み方などをしっかりとチェックしたうえで調剤を行います。処方内容に疑問があれば、電子カルテの参照や医師に問い合わせを行なった後、調剤を行います。また医師の依頼や患者様の要望に応じて、一包化など患者様1人1人に適した形での調剤も行っております。
当院では、お薬は院内でお渡しすることとしておりますが、院外処方をご希望の患者様、院内において取扱いの無い薬品を処方されている患者様、ジェネリック薬品による調剤を希望される患者様、一定の条件を超えた種類のお薬を処方されている患者様につきましては、誠に勝手ながら院外処方とさせて頂いています。
他院でもお薬を処方されている患者様もいらっしゃることから、当院ではお薬の飲み合わせの確認を行うために、お薬をお渡しする時に『お薬手帳』の提示をお願いしております。

②病棟業務

当院の薬局では、病棟における配置薬や麻薬・向精神薬・毒薬・ハイリスク医薬品等の薬品管理、患者様が使用されているお薬の把握やお薬の内容説明といった服薬指導、注射薬の患者様ごとの薬剤セットや配合変化の確認、TDM(薬物血中濃度モニタリング)などを行っております。また患者様が持参されたお薬の内容を確認し、相互作用や重複処方がないか等のチェック、他院の薬で当院に採用されていない薬について医師に代替薬の提案なども行っております。患者様の服薬状況に適しているお薬の選択や、患者様の腎臓や肝臓の機能に応じた投与量・投与方法の設定など、医師・看護師等のスタッフと意見交換しながら薬剤師の立場から処方提案も行っております。

③医薬品管理

当院では約800品目の医薬品を取り扱っております。そのうえで医薬品の購入、保管、品質管理、供給など管理面を通して、円滑かつ適正な医療の提供に寄与しております。また、麻薬、向精神薬、毒薬、劇薬、特定生物由来製品に関しては、各関係法規に従い厳重な保管管理を行っています。

④院内製剤業務

当院では、感染性大動脈瘤治療における人工血管置換術で使用する人工血管を浸漬させるためのリファンピシン溶液や、自己心膜を使用した大動脈弁形成術時に自己心膜固定に使用するグルタルアルデヒド溶液のように市販製品がない製剤について、院内製剤にて用時調製しています。

⑤医薬品情報業務(DI業務)

医薬品に関する様々な情報を収集・分析・整理し、エビデンスに基づいた質の高い薬物療法を行えるように医師・看護師など医療スタッフへ情報提供するとともに、医薬品の適正使用を推進いたします。

⑥チーム医療・回診への参画

当院では、患者様のために医師や看護師をはじめとする各医療スタッフが協力して、治療・回復に努めるチーム医療を展開しています。薬剤師は、チーム医療や回診に積極的に参画し、チーム医療における協働を進めるとともに、質の高い薬物療法の提供を目指しています。

薬剤師が参画している主なチーム医療・回診
  • 医療安全
  • 感染管理
  • 褥瘡
  • 心不全チーム
  • 心臓リハビリテーションチーム
  • 栄養サポートチーム
  • 心臓血管外科回診

など

⑦自己研鑽

循環器病の診断・治療法は日々進歩し、治療薬も年々増えています。そのため積極的に学会・研修会に参加し、最新の薬物治療についての知識の習得に努めています。

薬剤科のあゆみ

岐阜ハートセンターが2009年2月5日に開院して10年という月日が流れました。10年という歳月が長かったのか、短かかったのかは、人それぞれの感じ方があると思いますが、岐阜ハートセンターはこの10年という歳月の間にいろいろな点で大きく変化してきています。薬局においても、この10年でいろいろな点が変化していきました。
その変化をいくつか振り返ってみると、

  1. 病棟・病床が増加し、入院患者も増え病棟業務が増えた。
  2. 新たにフットケア、心不全等診療領域範囲が広がり、これら新たな領域のチーム医療に薬剤師も参画して活動の幅が広がった。
  3. 診察時間に午後診を導入し、再来患者の診察を午前午後に分けたため、午後に今まで以上の数の外来患者様を対応するため外来業務に費やす時間が増えた。
  4. 医療安全・感染症・NST等の委員会活動がレベルアップを図り活動を拡大したことにより、参画している薬剤師の役割が大きくなり、マニュアルの整備、院内ラウンドの参加等活動の幅が大きくなった。

その他にも、今後導入されるであろうDPCの導入活動においても、医薬品の整備のみだけでなく、導入自体にも薬剤師がかかわっていくことが予想されます。
いろいろな変化があった10年でしたが、今後はこの過去10年を踏まえ、次の10年が更に病院にとっても、薬局にとってもより良き10年になるため、現在薬局内においても各個人のレベルアップはもちろん、今まであまり手を付けていなかったマニュアルの整備や新しいシステムの導入など、ハードやソフトの整備も新たに手を付け、薬局全体のレベルアップを図り、岐阜ハートセンターの理念の一端を担っていくことを目指していきます。

スタッフ紹介

外来
外来
当院では、循環器内科・心臓血管外科を計5診察室で1日平均150名の外来診療を行っています。救急患者様の対応など多忙な時もありますが、「目の前の患者様を大切に」を合言葉に毎日の診療を行っています。
CCU
CCU
患者様の状況をアセスメントし以上の早期発見・予防に努めるとともに、重症患者様の早期離床とQOL向上を目指しています。
手術室
手術室
ほとんどの患者様は手術に対して不安や恐怖を抱くと思います。そこで私たちは術前訪問を通して患者様との信頼関係を築き手術を安心して乗り越えて頂けるよう日々努力しています。

採用ページはこちら

当部門の採用情報はこちらからご覧頂けます。

採用情報ページ

学術実績